後悔しない家造り

住宅会社選び

建設会社はどのように選べばいいですか?

建設会社は、ハウスメーカーなど大手建設会社、地元に根差した工務店や設計事務所、低価格が売りのローコスト住宅メーカーなどさまざまです。大手だから安心とは言えませんのでそれぞれの長所や短所を見極めた上で、ご自分やご家族が一番大事にしたいことは何かを考えて選ぶとスムーズです。下記のポイントも参考に検討してみてはいかがでしょう。気になる会社があれば、現場見学会に参加したり、実際に建てた人の話を聞いてみることも大切です。

  1. 設備だけではなく、基本構造や基本性能の説明がある。
  2. 型にとらわれず、柔軟な対応や密な打ち合わせが出来る。
  3. 詳細な図面や見積書がある。
  4. 保証やアフターメンテナンスの体制が整っている。
  5. すべて施主のいいなりにならず、適切なアドバイスが出来る。
  会社のタイプ 得られるもの あきらめるべきもの
A 大手ハウスメーカー ひと言で自慢できる 安さ
B ローコスト住宅 お買い得感 独自性
C デザイナーズハウス 納得するまで
とことん打ち合わせ
おまかせ感
D 自然素材を使った家 健康的な感じ
ぬくもり感
仕上材の安定性
E 大工さん おまかせ感 明瞭性

家作りスケジュール

どんな手順で家を建てていくの?

「家づくりスケジュール」で、お客様の住まい作りの手順をご説明します。一国一城の主になるのは大変なことですが、完成したときの感激もひとしおです。家作りで成功するポイントは、一歩先を見ながら、目の前のことを一つ一つ決めていくこと。また家作りには細かい工程がいくつもあります。いつ何があって、どのような費用が必要になるのかがわかるので、全体のスケジュールを知っておくことはとても重要です。ざっくりでもスケジュールを把握しておけば、おのずとやらなければいけないことや期間のイメージがわいてくると思います。

資金作り

資金に不安があるのだけれど、どうしたらいいでしょうか?

まずは、ご自分たちの現在の貯蓄、ご両親からのご援助の予定など、大まかな資金を把握しておきましょう。お金の話はしにくいかもしれませんが、ここの見込みが合わないと建ててから大変です。住宅以外にも意外と費用がかさむものです。借りすぎはいけませんが、頭金を入れすぎて、いざというときの現金がないのも困ります。ファイナンシャルプランナーを交えて現在の家計分析を行い、お客様の今後のライフスタイルや資金計画まで考え、最適なプランをご提案してくれるような、お客様の立場になって対応してくれる住宅会社さんがベストだと思います。

土地探し

まだ土地が決まっていない場合

希望の地域や予算などのご要望をもとに、地元の不動産会社をまわりましょう。寺田建築では、不動産屋とは違った、家作りのプロフェッショナルとしての視点から、土地選びのアドバイスをすることができます。いい点や悪い点も含めて、建物との調和を考えた土地探しをご提案します。

物件下見のポイント

気になる物件が出てきたら必ず現地に行って、自分の目で確認するようにしましょう。
土地の形状や日当たりに加え、自分の現在の生活と照らし合わせて周りの環境もチェックしましょう。できれば休日だけでなく、平日の時間帯を変えて見に行くのがおすすめです。また地盤や地形も重要なポイントです。インターネットや地図などの資料で調べてみるのもよいでしょう。

―その他の主なチェック項目―

  • 境界杭は入っているか?
  • 接道している道路は4m以上あるか?
  • 出入りに邪魔になりそうな電柱等はないか?
  • ガス、水道は引き込まれているか?
  • 建ぺい率など法的規制はないか?

不動産は生き物です!土地を購入するには行動力、判断力、決断力が必要となります。人気物件は、売りに出された直後に何人ものお客様が資料請求される場合があります。不動産の世界は同じ条件の物件は2つとありませんから、思い立ったらすぐに現場を見に行きましょう。気になる物件が出てきたらすぐにご相談ください。

注文住宅とは

注文住宅は規格型の住宅の違い

同じようなデザインの家をあちこちで見かけたことはありませんか?それは住宅メーカーなどが手掛ける、規格型といわれる大量生産の住宅です。建てる人の希望を全てカタチにした家ではありません。その点、一からプランニングをして作っていくのが工務店などの手掛ける注文住宅。ご家族の希望やこだわりを実現し、他のどこにもない満足度の高い自分だけの家を手に入れることができるのです。

注文住宅はどのくらい思い通りの家が作れるの?

注文住宅は規格型住宅と比べて制約が少ないので、外観デザイン、間取りはもちろん、吹き抜けやパティオ(中庭)といったアイデア空間作り、細やかな収納アイデア、内・外装材、バリアフリーなど自由に選んで実現することができます。

土地が狭くても、注文住宅なら対応可能

狭小敷地や変形敷地に快適な住まいが叶えられるのも注文住宅ならでは。自由設計の利点を盛り込み、限られた土地を最大限活かした住まいを実現できます。

注文住宅を上手に建てるコツ

注文住宅は、基本的にはどんな家作りも可能です。だからこそ、ご家族でしっかり話し合って希望やイメージを固めておくことが大切。そのためにも、見学会や現場に足を運んで実際にご覧になることをおすすめします。じっくり打ち合わせができることが地元工務店ならではのメリットですので、打ち合わせ時にご家族で決めた希望をいかに伝えて実現してもらうか、ということがコツになります。

完全自由設計とは?建売住宅やメーカーとの違い

建売住宅はすでに建っている住宅を購入することです。ですから、ライフスタイルに合わせた間取りの変更等はできません。また、メーカーが採用しているフリープランはある程度仕様・間取りが決まっており、一部を変更していくだけですので、大きく分けると建売住宅と変わりません。 その点、完全自由設計の注文住宅は、お客様の生活を0からカタチにしていきますので、自由度と満足度の高い、オンリーワンの住まいが叶えられます。

将来に備えて、増改築のしやすさも考慮して間取りを決めましょう

構造にもよりますが、基本的には増改築の自由性に優れているのが注文住宅です。規格型住宅の場合、構造上変更できない部分が多く、思い通りの増改築ができないケースもあるようです。地元工務店なら増改築工事を頼みやすいという点も見逃せないところ。比較的小さな工事でも気軽に依頼できるということは大きな安心につながります。

アフターケア・保障

保証体制の確認は必須です!

工務店ごとに保証に関する取り決めは異なりますので、どのような保証・補償制度が設けられているのか事前に確認しておきましょう。とはいえ、「瑕疵担保期間の10年義務化(下記表参照)」といった、法によって義務づけられた保証もありますので、基本的には安心です。さらに保証やフォロー体制の充実している工務店ならさらに心強いですね。代表的な保証・補償制度を以下にご紹介しますのでチェックしてください。

●瑕疵保証の10年義務化
建物の完成引渡し後10年間、基本構造部分に発生した瑕疵(=欠陥)について無償で修理などをする保証。
●建物完成引渡保証
建築途中で万一工事請負業者が倒産した場合でも、保証機関が業者に代わって建物の完成引渡を保証。
●地盤保証
地盤調査を行い、最適な基礎仕様または地盤改良を実施。それにも関わらず、地盤が原因で建物が損傷した場合には補修費用等を保証する。
●住宅ローン補償保険
建主が病気やケガ等で月々の収入が減少した場合でも、住宅ローンの支払いに困らないように所得を補償する。
●工事総合補償制度
工事中の事故・災害、施工が原因で損害を被った場合に対して補償する。
必ず構造見学会やOB宅訪問に行きましょう

「構造見学」「OB宅見学」を行う会社造りに自信があることの表れとも言えます。特に構造は建ててからでは見ることができませんから、気になる工務店や建築会社があれば連絡をしてみましょう。

現場は片付いているか
掃除ができていない=仕事が雑な場合が多いようです
職人さんたちの対応、マナーはいいか?
勇気を出して話しかけてください。大切な家を造ってくれる職人さんになる人かもしれません、人柄をチェックしましょう
社長や営業担当者に夢をぶつけましょう
まず自分の家族が、どんな風に暮らせるのが理想なのか、「こうしたい!」という夢をすべて、伝えましょう。それらの夢のひとつひとつを、限られた条件の中で、いかに実現できるか、それはプロである営業マンの仕事なのですから。最初から「それは無理、これはムリ」とご自分たちで決めなくいいのです