よくある質問

注文住宅は規格型の住宅とどう違うの?

同じようなデザインの家をあちこちで見かけたことはありませんか?それは住宅メーカーなどが手掛ける、規格型といわれる大量生産の住宅です。建てる人の希望を全てカタチにした家ではありません。その点、一からプランニングをして作っていくのが工務店などの手掛ける注文住宅。ご家族の希望やこだわりを実現し、他のどこにもない満足度の高い自分だけの家を手に入れることができるのです。

注文住宅はどのくらい思い通りの家が作れるの?

注文住宅は規格型住宅と比べて制約が少ないので、外観デザイン、間取りはもちろん、吹き抜けやパティオ(中庭)といったアイデア空間作り、細やかな収納アイデア、内・外装材、バリアフリーなど自由に選んで実現することができます。寺田建築のホームページにはこのような注文住宅の特性を生かした『世界でたったひとつ』の住まい作りの実例をご紹介しています。ぜひご覧になって、注文住宅の魅力を感じてください。

土地が狭いのだけれど、注文住宅なら対応していますか?

狭小敷地や変形敷地に快適な住まいが叶えられるのも注文住宅ならでは。寺田建築のノウハウと対応力で、自由設計の利点を盛り込み、限られた土地を最大限活かした住まいを実現できます。建ててみたら期待以上にステキに仕上がった!という喜びの声もいただいています。狭小・変形敷地を上手に利用した家づくりの実例も豊富にありますので、諦めないでご相談ください。

注文住宅って高くないの?

算に応じてきめ細かな提案ができます!商品仕様や建材などを自由に選ぶことができるので、コストダウンを徹底する部分と費用を掛けてこだわりたい部分とを分けて柔軟に家作りをすることが可能。つまり、予算内で最も希望に叶う住まいを実現することができるのです。

注文住宅を上手に建てるコツってあるの?

注文住宅は、基本的にはどんな家作りも可能です。だからこそ、ご家族でしっかり話し合って希望やイメージを固めておくことが大切。そのためにも、見学会や現場に足を運んで実際にご覧になることをおすすめします。じっくり打ち合わせができることが地元工務店ならではのメリットですので、打ち合わせ時にご家族で決めた希望をいかに伝えて実現してもらうか、ということがコツになります。

注文住宅は自由だといっても、制約はないの?

法で定められた構造強度の基準などがクリアされれば、基本的には制約はありません。さらに、昨年建築基準法が改正され、建材・設備などに「何を使うか」という仕様の規制が取り払われました。ですから、一定の基準さえ満たせばより自由な家作りができるようになりました。注文住宅でオリジナリティあふれる家を作る楽しみが、さらに増したと言えるでしょう。

アフターサービスは大丈夫なの?

寺田建築はHOMEドクターを目指し、地元に根づいた展開をしています。引渡し後も末永く付き合え、いつでも相談できるという安心感をもっていただけます。家は何十年も住み継ぐものですので、建てた後の方が大事。お引渡し後からが寺田建築とお客様との本当のお付き合いのスタートです。いざという時に頼りになるパートナーとしてしっかりケアさせていただきます。

万一、工事中に火災にあったらどうするの?

寺田建築では万が一に備え、全ての工事に年契約で「建築工事保険」に加入しております。火災はもちろん、盗難・水害・破損など、すべて保証対象となりますのでご安心ください。

契約後も、私たちの意見は聞いてもらえるの?

社長自らが伺い、施主様の声に耳を傾けています。入居後もアンケートをとり、アフターサービスや入居後の感想についてご確認いたします。

建てたらそれで終わりなの?

寺田建築には「オーナーズクラブ」があります。寺田建築で建てていただいたOB様との交流の場として様々なイベントを企画しております。また、200年住宅に向けて、永く住まうためのメンテナンス相談等もお受けしています。

メンテナンスはどうなっているの?

寺田建築では引渡し後も定期メンテナンスサービスを実施。お客様の住まいをフルサポートいたします。1年に1回メンテナンスハガキをお送りいたしますので、どのようなことでもお気軽にハガキに書いてご返信下さい。

在来工法ってどういうこと?

在来工法とは日本で古くから発達してきた工法で、柱や梁といった軸組で家を支える工法です。設計の自由度が高くさまざまな間取りが実現できる上、壁の配置に制約が少なく、大きな開口部を設けられるので、通風や採光に優れた間取りを作ることができます。増改築が容易ですので将来のリフォームも可能。使用する木材によって予算も柔軟に調整できます。

日本の住宅の寿命は30年と聞いたけれど本当?

本当です。海外の住宅の寿命は国によっても差がありますが、欧米で約80~150年ほどです。これに比べると日本の住宅寿命が非常に短いことが分かります。今、日本ではこの住宅の寿命の短さを見直そうという動きが活発化しており、政府は200年住宅の実現へ向けた政策の提言を行っています。寺田建築ではそうした動きに先駆けて、以前から本物の家を追求。厳選された素材や工法を用いることにより、代々受け継がれる家を建てています。

長期優良住宅は建てられますか?

もちろん、長期優良住宅にも対応しております。長期優良住宅には劣化対策や耐震性など9つの認定基準がありますが、それをすべてクリアした家をご提案しています。また寺田建築では、国が長期優良住宅の認定事業を始める前から、次の世代に住み継げる安心・快適に暮らせる家作りをしてきました。たとえこの制度を利用しなかったとしても、長期優良住宅レベルの構造・仕様になっていますのでご安心ください。

無垢材と集成材とでは本当はどちらが良いの?

それぞれに良さがありますのでどちらも扱っています。施主様のご希望や建物の特徴に合わせて、適材適所で対応しています。

造作家具をオーダーしたいのですが可能ですか?

造作家具は寺田建築の得意とするところで、作り付けの家具をオーダーされるお客様も多くいらっしゃいます。食器棚、本棚、食品庫、壁面収納など収納の他、テレビボードやテーブルなどインテリア家具もお任せください。好みの色や材質 を使いジャストサイズで製作しますので、部屋になじむテイストに仕上がります。また、家具を買い足す必要もなく、地震で倒れる心配がないのもメリットです。もちろん、お手持ちの家具をお知らせいただければ、現在お使いの家具もぴったり納まるよう組み込んで設計いたします。

インテリアなども相談できますか?

照明やカーテンなどコーディネートのご相談にも応じます。テイストやカラーなど、施主様の希望を考慮させていただきながら、お部屋に合わせてトータルでプロデュースいたします。

アプローチや外構も提案してもらえますか?

もちろんご提案いたします。玄関まわりやお庭、駐車場も住まいの印象を左右する大切なポイントですので、住宅に合わせて設計が可能です。

オール電化とガス併用どちらがいいの?

オール電化ではガスの基本料金が不要なため、光熱費を一元化できます。IHクッキングヒーターは火を使わないため二酸化炭素の排出も少なく空気もクリーン、安全面でも優位です。太陽光発電システムと組み合わせればさらに電気料の削減にもつながります。一方、ガスは火力が強いので調理時の火力への満足感があり、停電時でもガスコンロや給湯器を使うことができます。また、お子さんへ火が熱いもの・危険なものという意識を養うこともできます。どちらにもメリット・デメリットがありますので、お客様の生活スタイルと個々の嗜好によって選ぶのがよいでしょう。

建築中に工事状況を確認するポイントを教えて下さい。

ご自身の目で現場を見て、設計どおりにできあがっているかどうかを常に確認することです。窓やコンセントの位置、配線、採光、棚の高さなど、工事が進むにつれ、図面上ではわからなかったことがいろいろと見えてきます。想像していたものとイメージが違うこともあるかもしれませんので、不明な点や疑問が出てきたときには放置せずに、すぐに現場監督に確かめましょう。万一違うことがあれば気づいた時点で修正することが大切です。後々こんなはずじゃなかったと後悔しないためにも、こまめにチェックしましょう。

職人さんのマナーは大丈夫?

寺田建築では、全業者を対象に定期的にマナー研修を行っています。現場マナーはもちろんのこと、近隣への配慮も欠かしません。

工事中に何か不満があった時はどうすればいいの?

遠慮なくご連絡下さい。お客様のご意見をお聞きし、お客様の声としてより質の高いサービスに活かすために、「社長への何でも一言」と称しましたイエローカードをご用意しております。

必要な手続きの代行はしてもらえますか?

はい、行います。借り入れから税金申告手続きのお手伝い、補助金の申請までお任せください。

近隣の方への配慮はしっかりしているの?

基礎工事から完成にいたるまで、各過程の中で随時、周辺住民の方へのご連絡を差し上げております。

引越しの準備はどうすればいいの?

引越しチェックリストをご利用下さい。チェックリストを参考に、どこで何をしなければならないか、誰に何をしなければならないか、あらかじめ計画を立てて準備しておきましょう。